桃色吐息と仁君

新カードのR鄒氏、やたら高騰してますね~

確かに良カードだとは思いますが、そこまで?と疑問だったんですが
運良く自引きできて軽く謎が解けました。

回復スキルの桃色吐息、意外にも 48時間スキル だったんですね。
当たり前のように72時間だと思ってたんで 回復量とコストで劉備の仁君と天秤かなと思ってたんですが、回復時間が違うとなると少し話が変わってきますね。

ちょっと考察してみました。

仁君と桃色吐息

 
変な表ですが、仁君と桃色吐息の時間と回復量の関係です。
スキルはどちらも初期状態のレベル1。

うん、まぁ表にするまでもなかったですがこんな感じ。
ちなみに、桃色吐息の回復量が14になると(おそらくレベル4の時?)
仁君を回復効率で上回ります。
 

ただまぁ、R鄒氏の何よりの魅力は1コスであることなのでUC劉備との単純な比較は無意味とも言えます。回復したい時にデッキを2.5空けるのはなかなか困難だったりしますからね。1コスのメリットは果てしなく大きいかと。

まぁだからといって手持ちのUC劉備を全てR鄒氏と入れ替えるか?といったらそれは難しいですよね。枚数が劉備より多く必要になってしまうし、何より回復量11のためにせかせかデッキ入れ替えするのが億劫すぎる・・・

いっそR鄒氏は重ねることにしようかな、とか思ったりもしますね。
 
 
あ、あと触れてませんでしたが、桃色吐息は地味にデッキ内武将のスキル回復時間も短縮します。レベル1だと 7分短縮 と微々たるものですが、飛将の回復待ちの時とかは7分でも結構嬉しいですよね~
 

ブラウザ三国志・攻略ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。